必用となる記載項目|時代に乗り遅れるな!トレンドに精通したフリーエンジニアは生き残る

時代に乗り遅れるな!トレンドに精通したフリーエンジニアは生き残る

必用となる記載項目

履歴書

作成するポイントを知る

就職や転職をする際に履歴書を作成しなければなりませんが、企業から指定がない場合にはどのようなフォーマットを使用しても問題ありません。職務経歴書と履歴書をセットで提出しなければいけない場合が多くなる為、仕事内容や資格を記載する場所と履歴書を別にするなど構成を考える必要があります。一方で、履歴書のフォーマットに職務経歴を記載する場所がある場合には、職務経歴書と重複してしまい見づらい構成になってしまう可能性があります。そのため、購入した履歴書の中に職務経歴や資格を記載する場所があるかないかを確認すると共に、職務経歴書と合わせて提出する必要があるかが重要になります。フォーマット通りに記載する事も必要ですが、履歴書を見る側が見やすい構成にする事も必要であり、相手側に好印象を与える事が出来ます。

必用な項目を記載する

履歴書を書く場合、日付は記入しているその日を記載するのではなく、人事担当者に書類を渡す日であったり面接日を記載するのがマナーです。写真に映った印象を良くする為に、スーツ着用が原則でありメイクや髪形は控えめにしておく事も必要であり、プリクラを使用するのは厳禁です。万が一剥がれてしまっても誰の写真であるかが分かる様に、写真の裏側に名前と日付を記載しておく事もマナーの一つです。また、学歴は中学校の卒業から始めるのが一般的であり、職歴は履歴書のフォーマットで詳細を説明するのではなく職務経歴書に別途記載するのがスマートです。趣味や特技などは面接での会話のきっかけにもなるので、正直に書く事が必要ですが悪い印象を与える内容は避けるようにしましょう。